Turgot テュルゴー(仏)
概要
古ノルド語の男子名Þórgautr(古ノルドÞórr「雷神ソール」+古ノルド*gautr,gauti「ゴトランド人、ゴート人」)に由来。
詳細
Petri Turgault de Cumbis(1210年Auvers(マンシュ県))1
Mounart Trugot(1253年Tournai(ベルギー、エノー州))2
Constantinus Turgaut(年代特定不能、1060-1379年の間のいつか、Barbezieux(シャラント県))3
Jehan Turgot(1445年Tourailles(ロワール=エ=シェール県))4

父称姓。フランス北西部海岸沿いのマンシュ県に多い。フランスの政治家、経済学者アンヌ=ロベール=ジャック・テュルゴー(Anne-Robert- Jacques Turgot:1727.5.10 Paris~1781.3.18 同地)が有名。古デンマークThorgot5、Thurgot 5という男子名がノルマン人の手によってフランス北部の沿海地帯(ノルマンディー)にもたされ根付いたもの。 苗字の分布地とも整合性が取れている。更に古ノルド語の男子名Þórgautr6に遡る。人名は古ノルドÞórr「(戦神・雷神 の)ソール」7+古ノルド*gautr,gauti「ゴトランド人、ゴート人」6, 8より成る。 1369年オールダニ諸島(英Alderney,仏Aurigny)でTurgoti Turlacville9の男名用例有り。

尚、政治家テュルゴーとほぼ同時代に活躍したフランスの哲学者、政治家コンドルセは、テュルゴーの 姓の原義を「ソール神」と主張していた10。これは第二要素を古ノルドgoð「神」8 (=英god「神」)と解釈するものだが、この解釈を裏付ける様な 古形は見つかっておらず支持しがたい。加えて、Þórgautrを始めAlfgautr、Almgautr、Ásgautr、Hróðgautr、Valgautr等、gauti,*gautr 「ゴトランド人」を第二要素に持つ人名は豊富に存在するのに、goð「神」を第二要素に持つ人名が皆無なのも、理由の一つに挙げられる。
[Wikipedia仏語版]
1 "Cartulaire de Notre-Dame de Chartres. vol.2"(1863)p.55
2 Société historique et archéologique de Tournai "Mémoires de la Société historique et littéraire de Tournai. vol.17"(1882)p.46
3 "Archives historiques de la Saintonge et de l'Aunis. vol.41"(1911)p.188
4 Société historique et archéologique de l'Orne "Bulletin de la Société historique et archéologique de lO̕rne. vol.1-2"(1882)p.234
5 Gunnar Knudsen, Marius Kristensen, Rikard Hornby "Danmarks gamle personnavne: Fornavne."(1948)p.1451
6 http://www.vikinganswerlady.com/ONMensNames.shtml
7 http://en.wiktionary.org/wiki/%C3%9E%C3%B3rr#Old_Norse
8 http://www.koeblergerhard.de/an/an_g.html
9 Société Royale (Nationale Académique de Cherbourg) "Mémoires de la Société Royale (Nationale) Académique de Cherbourg."(1856)p.162
10 Léon Say "Turgot."(2014)p.19

更新履歴:
2016年3月21日  初稿アップ
PIE語根Tur-got: 1.*(s)tenə-「雷が鳴る」; 2.(?)*gheu-「(お神酒を)注ぐ」、又は (?)*ghedh-「結合する、繋げる、合致する」

Copyright(C)2010~ Malpicos, All rights reserved.