戻る/ はじめに/ 苗字苑本館/ ハリポタ語源辞典/ 銀英伝語源辞典/ 付録/ リンク集
苗字リストに戻る
Stavinoha スタヴィノハ(慣用:スタビノア)(チェコ)
概要
恐らくポーランドstawinoga「従者、力持ち、大食漢」と同語源で、「従者」を意味する姓か。
詳細
Wenzel Stawinoha(1872年オーストリアのどこか(Wien(?)))1

ニックネーム姓。米国のプロ野球選手(外野手)ニコラス・リー・スタビノア(Nicholas Lee Stavinoha:1982.5.3 Houston(テキサス州)~)の姓。 チェコ系の姓で、チェコ語ではスタヴィノハと読む。統計ではチェコ全体で349件確認され(2011年現在)、2234番目に多い姓である。チェコでは東部に分布が 偏っており、西部では殆ど見られない(大都市のプラハは例外)。特に東部のズリーン(Zlín)州ロジノフ・ポド・ラドホシュテム(Rožnov pod Radhoštĕm) 市(44件)、同州クロメルジーシュ(Kromĕříž)市(48件)に多い。

この姓はポーランド姓スタヴィノガ(Stawinoga)に音韻上正確に対応している事から、両者は同語源と考えられる。このポーランド姓はポーランド stawinoga「従者、力持ち、スポーツ選手、大食漢(Knecht, Kraftmensch, Athlet, Vielfraß)」2に由来している。 stawinogaはポーランドstawić nogi「脚で立つ」(nogiはポーランドnoga「脚」の複数対格形)という成句が一語になったものと考えられる。つまり、 原義の上では日本語の苗字「足立(アダチ)」に対応している。恐らく「立っている者」で「従者」を表現したもので、他の意味は転義ではないかと思うが、 この単語自体マニアックすぎて確認のしようが無い。チェコ姓Stavinohaも語構成上同源なのは確かだが、「従者、力持ち、スポーツ選手、大食漢」の 意味を備えていたかどうかは不明である(チェコ語で*stavinohaという単語の使用例が確認できない)。「従者」の意味は有ったかもしれないが。尚、 第一要素は英stand「立つ」と、第二要素は英nail「爪」と同根。以下にポーランド姓スタヴィノガの使用例を列挙しておく。

Alberto dicto StawinogaAlberto Stawinocze(1433年Wieliczka(マウォポルスカ県))3
Nicolao Stauinoga(1437年Łępice(マゾフシェ県))4
Paulo dicto StawinogaPaulus Stawinoga(1442年Kleparz(マウォポルスカ県))5
[Wenzel(1999)p.239,Taszycki vol.5(1965)p.203]
1 Betti Gerstl "Tagebuch von Wetti Teuschl(1870-1885)."(2010)p.55
2 Wenzel(1999)p.239
3 Helcel(1870)p.378
4 Taszycki vol.5(1965)p.203
5 Uniwersytet Jagielloński "Codex diplomaticus Universitatis studii generalis cracoviensis. vol.2"(1873)p.15

執筆記録:
2012年5月27日  初稿アップ
PIE語根Sta-vi-noga:1.*stā-「立つ」;2.(?)多分、動詞形成接尾辞*-y-;3.*nogh-「爪」

戻る

Copyright(C)2010~ Malpicos, All rights reserved.