Isinbáev(a) イシンバエフ、イシンバエワ(露)
概要
タタール語の男子名イサンバイ(Isänbay:「生命力ある長、偉丈夫」の意)に由来する。
詳細
Roman Isimbaeva (Роман Исимбаева)(1525年Žytómir(ウクライナ、ジトーミル州))1
Mečslav Isinbaeva (Мечислав Исинбаева)(1588年Júr'ev-Pól'skij(ヴラジーミル州))2
Gleb Isinbaev (Глеб Исинбаев)(1697年Liki3)4
Pavel Esenbaeva (Павел Есенбаева)(1712年Borísov(ベラルーシ、ミンスク州))5

父称姓。ロシアの女性陸上競技選手エレーナ・ガジーエヴナ・イシンバエワ(イリェーナ・ガヂーエヴナ・イスィンバーイェヴァ)(Eléna Gadžíevna Isinbáeva(露Еле́на Гаджи́евна Исинба́ева,英式転写Yelena Gadzhievna Isinbayeva):1982.6.3 Volgográd (Волгогра́д)(ヴォルゴグラード州)~)の姓。男性形はイスィンバーイェフ(Isinbáev(Исинба́ев))。タタール語の男子名 イサンバイ(Isänbay(Исәнбай))6, 7に由来する。ロシア語ではIsanbaj(Исанбай)と転写される 6, 7。第二音節の母音は英語のcanの母音と同じ非円唇前舌狭め広母音[æ]、語末の-yは半母音の[j]である。 この男子名は、「生命力のある、健康な、恵まれた、無事な」を意味するisan(исан)と、テュルク系言語で「支配者、主人、長、勇士」を意味する bay(бай)より成り立ち、「生命力ある長、偉丈夫」を意味する。恐らくは、我が子が健康で丈夫に育つように願って両親が名付けた名前で あったのだろう8

第二要素はトルコbey「君主、長、豪傑」9と同語源。本来はペルシア語からの借用。前半要素のisan「健康な、丈夫な」は その他のタタール人の男名要素に多用され、Isänbulat(Исәнбулат)、Isändäwlät(Исәндәүләт)、Isängali(Исәнгали)、 Isängäräy(Исәнгәрәй)、Isängol(Исәнгол)、Isänmorat(Исәнморат)、Isänmöxämmät(Исәнмөхәммәт)等の例がある 7。問題はその様な語形・語義の単語はテュルク系諸言語に見出されない。それもその筈で、実はテュルク系言語の 語彙ではなく、元々はペルシャ語なのである。現代ペルシア語やクルド語のâsân(آسان)「簡単な」10や、バルーチásán(آسان) 「簡単な」10の前身である中世ペルシア(パフラヴィー)âsân「簡単な、平和な」11を借用した ものなのだった。更に遡ると、フランスのイラン語学者ダルメステーテル(James Darmesteter)によれば、アヴェスタaspēnに遡るという 12。又、古トルコesdn,isdn「丈夫な、無傷の」に由来するという説もある13

この語彙はモンゴル諸語にも借用され、やはり人名要素に多用されるようになった。例を挙げてみよう。15世紀中葉に活躍したオイラト族 (Oirad:モンゴル高原の西部から東トルキスタン北部にかけて居住)の族長エセン・ハ(ー)ン(Esen,Yésen,也先:1455年没)や、チャガタイ・ハン国の 第14代君主エセン・ブカ(Esen Buqa(ペルシャĪsan Būqā(ايسن بوقا),中国:也先不花):在位1309~1320)等の名に現れている。
1 http://www.ufolog.ru/names/order/%D0%98%D1%81%D0%B8%D0%BC%D0%B1%D0%B0%D0%B5%D0%B2%D0%B0
2 http://www.ufolog.ru/names/order/%D0%98%D1%81%D0%B8%D0%BD%D0%B1%D0%B0%D0%B5%D0%B2%D0%B0
3 Liki(Луки)という地名はロシアに4ヶ所、ウクライナに4ヶ所、ベラルーシに8ヶ所ある。どのLikiか不明。 cf.http://ru.wikipedia.org/wiki/%D0%9B%D1%83%D0%BA%D0%B8
4 http://www.ufolog.ru/names/order/%D0%98%D1%81%D0%B8%D0%BD%D0%B1%D0%B0%D0%B5%D0%B2
5 http://www.ufolog.ru/names/order/%D0%95%D1%81%D0%B5%D0%BD%D0%B1%D0%B0%D0%B5%D0%B2%D0%B0
6 Superanskaja(1987)p.150 p.298では、アクセントを付したИсанба́йの語形が挙げられている。
7 http://zags.tatarstan.ru/rus/file/pub/pub_63474.pdf
8 http://www.myfamilyhistory.ru/products_item.aspx?id=735
http://samah.chv.su/cgi-bin/s.cgi?a=s&word=Исанпай
9 http://en.wiktionary.org/wiki/bey
10 http://en.wiktionary.org/wiki/%D8%A2%D8%B3%D8%A7%D9%86
11 Rybatzky(2006)p.212
12 Horn(1893)p.7の脚注2に書いてあるが、詳しい事は不明。素人目には、アヴェスタaspa-「馬」と関係ありそうに 見えるが、良く判らん。
13 http://samah.chv.su/cgi-bin/s.cgi?a=s&word=Исан-

執筆記録:
2012年7月9日  初稿アップ
PIE語根Isin-bá-ev:1.*未調査; 2.*bhag-「分け与える、分配する」; 3.*-wo- 形容詞形成接尾辞

Copyright(C)2010~ Malpicos, All rights reserved.