Guizot ギゾー(仏)
概要
ゲルマン*wīʒa-「戦い」、又はゲルマン*widuz「森」を第一要素にとる男名の愛称形の古フランス語形Guisに更に指小辞-otが接続したもの。
詳細
Johanne Wisset(1228年Tournai(ベルギー、エノー州))1
Person Guyset(1404年Laon(エーヌ県))2
Thomas Guisot(1438年Laon)2
Ghillain Guiset(1511年Ladeuze(ベルギー、エノー州))3

父称姓。フランスの政治家・歴史家フランソワ・ピエール・ギヨーム・ギゾー(François Pierre Guillaume Guizot:1787.10.4 Nîmes(ガール県) ~1874.9.12 Saint-Ouen-le-Pin(カルヴァドス県))の姓。フランス各地に散在。同源異綴の姓にギゾー(Guisot)が有り、仏北東部の ヴォージュ県に多い。古仏Guisという男名の指小形*Guis(s)ot、*Guis(s)etに由来する。古仏Guisは古高独Wiz(z)oという男名に対応する 古低地フランク語のフランス語化形で、ゲルマン*wīʒa-「戦い」4、又はゲルマン*widuz「森、木」 4(英wood「森」)を第一要素にとる様々な男名の短縮愛称形だった(-is(s)e、-iz(z)oは指小辞)。従って、「戦ちゃん」 「森ちゃん」と言った意味の名(cf. ヴィッツレーベン(Witzleben))。古仏Guisの個人名用例は以下の通り。

Guis(1256年、フランドル)5
Guys doyens(1324年Villers-devant-Orval(ベルギー、リュクサンブール州))5
Guys le Taneur(1449年Namur(ベルギー、ナミュール州))6
Ghuisse Descamps(1525年Rouveroy(ベルギー、エノー州))7

[Morlet(1997)p.490, Germain et Herbillon(2007)p.497]
1 Philippe Mouskes, Frédéric Auguste Ferdinand Thomas de Reiffenberg "Chronique rimée de Philippe Mouskes. vol.2"(1838)p.23
2 http://belgian-surnames-origin-meaning.skynetblogs.be/index-40.html
3 "Annales de Cercle royal archéologique d'Ath et de la région. vol.32-34"(1948)p.145
4 http://www.koeblergerhard.de/germ/germ_w.html
5 Germain et Herbillon(2007)p.497
6 ibid. p.949
7 "Mémoires et publications de la Société des sciences, des arts et des lettres du Hainaut. vol.20" (1890)p.318

更新履歴:
2016年3月21日  初稿アップ
PIE語根Gui-z-ot: 1.*weik-⁵「戦う、征服する」、 又は*widhu-「木、森」; 2.語源不明; 3.語源不明

Copyright(C)2010~ Malpicos, All rights reserved.