Goebbels ゲッベルス(独)
概要
①古ザクセンGodebald(古ザクセンgod「神」、又は古ザクセンgōd「良い」+古ザクセンbald「勇敢な」)という男名の属格形より。
②中世に用いられた古い男子名Gobiloの属格形に由来。
詳細
ドイツ西部アーヘン市と、その周辺域に集住する姓である。ナチスの宣伝相ヨーゼフ・ゲッベルス(Paul Joseph Goebbels:1897.10.29 Rheydt(ノルトライン=ヴェストファーレン州)~1945.5.1 Berlin)もこの領域内の都市ライト (Rheydt)の出身。以下の二系あり。尚、ドイツの固有名詞学者ツォーダー(Rudolf Zoder)によると、ベルギー東部のリエージュ(Liège)教区 から1739年にヒルデスハイムにゲーベル(Gebel)姓の者が移住しており、1764年には更にアルガーミッセン(Algermissen)に移り住んだとある。 今日もこの家族はゲッベルス(Göbbels)姓として続いているが4、ヨーゼフ・ゲッベルスと直接の関係は無いようだ。
Waldeuerus filius Godeboldi(1180年Köln)1
Wolframus filius Godeboldi(1225年Idstein(ヘッセン州))2
Heinricus filius Godeboldi(1251年Heilsbronn(バイエルン州))3

①父称姓。古ザクセンGodebald5という男子名の属格形に由来。人名は古ザクセンgod「神」6 か古ザクセンgōd「良い」6と古ザクセンbald「勇敢な」7より形成される。
[Gottschald(1982)p.216,Naumann(2007)p.118]
Arnold Göbels(1328年Breslau)8
Junckhans Gobels son de Freysen(1488年Trier(ラインラント=プファルツ州))9
Joannis Gobels(1545年、バイエルン)10
Martin Goͤbels(1555年Harz地方)11
Aßmatz Gobbels Fraw(1545年頃ヴェストファーレン)12
Johann Georg Gebels(1659年Worms(ラインラント=プファルツ州))13

②父称姓。中世に用いられた古い男子名Gobiloの属格形に由来。男名はGodebald(①参照)とGodabert5という、 第一要素に古ザクセンgod「神」,gōd「良い」を持ち、且つ第二要素がbで始まる男名の短縮愛称形(-iloは指小辞)。以下は、男名Gobiloと その異形・発達形の用例。
Gobelo dictus Marscalk(1269年Barnim(ブランデンブルク州))14
unum virum de Westvalia qui nominatus erat Gobele(1275年Lüneburg(ニーダーザクセン州))4
Gobilo Longus(1292年Ziębice(ポーランド、ドルヌィ・シロンスク県))15
Gobilo Gobilonis de superiori Lanstein(1361年Nürnberg)16
Gobbell Lühnkindt von der Altenaw(1619年Goslar(ニーダーザクセン州))4
[Gottschald(1982)p.216,Zoder vol.1(1968)p.586,Kohlheim(2000)p.276,Bahlow(2002)p.160]
1 Theodor Joseph Lacomblet "Urkundenbuch für die Geschichte des Niederrheins. vol.1"(1840)p.335
2 Karl Rossel "Urkundenbuch der Abtei Eberbach im Rheingau. vol.1"(1862)p.244
3 "Urkundenregesten des Zisterzienserklosters Heilsbronn: T. 1132-1321."(1957)p.36
4 Zoder vol.1(1968)p.586
5 Förstemann(1966)sp.531f.
6 http://www.koeblergerhard.de/as/as_g.html
7 http://www.koeblergerhard.de/as/as_b.html
8 Bahlow(2002)p.160
9 Ludwig Schmugge "Verzeichnis Der in Den Supplikenregistern Der Ponitentiarie Innozenz VIII. Vorkommenden Personen, Kirchen Und Orte Des Deutschen Reiches (1484-1492)."(2008)p.93
10 "Zeitschrift für bayerische Kirchengeschichte. vol.54-56"(1985)p.75
11 Rudolph Leopold Honemann "Die Alterthümer des Harzes: Aus Zeugnissen bewährter Schriftsteller."(1754)p.91
12 Helmut Richtering "Die Schatzungsregister des 16. Jahrhunderts für das Herzogtum Westfalen."(2000)p.38
13 "Pfälzisch-Rheinische Familienkunde. vol.6"(1967)p.104
14 Friedrich von Dreger "Codex Diplomaticus: oder Urkunden so die Pommersch-Rügian. vol.1"(1748)p.554
15 Historische Kommission für Schlesien "Schlesisches Urkundenbuch: Bd. 1291-1300."(1998)p.56
16 Karl Menzel, W. Sauer "Codex diplomaticus Nassoicus. vol.1"(1887)p.333

更新履歴:
2014年12月17日  初稿アップ
PIE語根①Goeb-bel-s: 1.*gheu-「(お神酒を)注ぐ」、又は *gheu(ə)-「呼ぶ、祈る」、又は *ghedh-「結合する、合致する」; 2.*bhel-²「風が吹く、膨らむ」; 3.*-és 属格語尾
②Goeb-b-el-s: 1.*gheu-「(お神酒を)注ぐ」、又は *gheu(ə)-「呼ぶ、祈る」、又は *ghedh-「結合する、合致する」; 2.*bhel-²「風が吹く、膨らむ」、又は *bherəg-「輝く;明るい、白い」; 3.*-lo-指小接尾辞; 4.*-és 属格語尾

Copyright(C)2010~ Malpicos, All rights reserved.