Cocteau コクトー(仏)
概要
①古仏cochet,coquet,coquiet,koquet,koket「(特に生まれて一年以内の)若い雄鶏、雄鶏、風見鶏」の指小形に由来。
②古仏cochet,co(c)quet,coket,quo(c)quet「(貨物運搬用の)ボート・ゴンドラ、小樽の一種」の指小形に由来。
詳細
Firmin Cocquetel(1349年Noyon(ワーズ県):ノワイヨン司教)1
Denis le Coquetel(1370年、場所確認できず)2
Poussy Coquetel(1556年Attigny(アルデンヌ県))3
vir Magister Guillermus Cochetel(1560年Nantes(ロワール=アトランティック県):司祭)4

ニックネーム姓。フランス北東部マルヌ県に多い。他にも同源異綴の姓にCo(c)queteauCoct(e)auxCocqteauCocqueteaux等がある。フランスの詩人、小説家、画家ジャン・コクトー(Jean Cocteau:1889.7.5 Maisons-Laffitte(イヴリーヌ県)~ 1963.10.11 Milly-la-Forêt (エソンヌ県))の姓。語源は二つ考えられる。

①古仏cochet,coquet,quochet,coquiet,quoquet,koquet,koket「(特に生まれて一年以内の)若い雄鶏、雄鶏、風見鶏」5に 指小辞-el(後、母音化して-eau)が接続して生じた渾名に由来。「若い雄鶏」の意味では1202年頃初出、「風見鶏」の意味では1200年頃初出 6。後者の初出は、ヨハンネス・デ・アルタ・シルウァ(Johannes de Alta Silva)という名前しか判明していない シトー会修道士による12世紀末成立の短編小説集『ドロパトス(Dolopathos)』に見えるらしいが6、確認できない。
[Morlet(1997)p.238, ONC(2002)p.134]

②古仏cochet,coquet,cocquet,coket,quo(c)quet「(貨物運搬用の)ボート・ゴンドラ、小樽の一種」7に指小辞-elが 接続して生じた渾名に由来。古仏coquet「(若い)雄鶏」の特殊用法で、結局は①と同語源かもしれない。
1 Louis Moréri "Supplément au grand dictionaire historique, généalogique et géographique, etc. vol.1"(1735)p.303
2 Alphonse Picard "Le compte des recettes et dépenses du roi de Navarre en France et en Normandie de 1367 à 1370."(1885)p.467
3 Pierre Varin "Archives administratives de la Ville de Reims: collection de pièces inédites. vol.1"(1811)p.910
4 Stéphane Praud de La Nicollière-Teijiero "Église royale et collégiale de Notre-Dame de Nantes."(1865)p.337
5 Godefroy(1880-1902)vol.2 pp.165f.
6 http://www.cnrtl.fr/etymologie/cochet
7 Godefroy(1880-1902)vol.2 p.166

更新履歴:
2015年10月23日  初稿アップ
PIE語根Coc-t-eau:1.語源不明(擬音語起源); 2.語源不明; 3.*-lo-指小接尾辞

Copyright(C)2010~ Malpicos, All rights reserved.